読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚の食べ方がキレイ

来世はムービングステージになってジャニーズを支えたい

本当の声を聞きたいから今日もラジオを聞く

〈夜のラジオは私の青春〉

私がラジオを聴き始めたのは中学生になってすぐの頃。

最初はFM局しか知らなくて、まっすーの「MASTER HITS」とか最新J-POPを流す音楽番組とか聞いていた。
中1だった私は、なんとなくラジオって昭和なイメージがあってクラスの子とかにはラジオ聞いてることを隠してたんだけど(笑)、ある日私の数少ない友達の一人でKAT-TUN田口担の子にまっすーのラジオを聞いてると打ち明けた。

すると彼女はAM局の聞き方と「レコメン」というジャニヲタ必聴番組、中でも「R-one KAT-TUN」と「KちゃんNEWS」は毎週欠かさずに聞いてると教えてくれた。


テレビは居間に1台しかない。弟にチャンネルを取られたりお母さんに「早く寝なさい」と強制終了させられたりするけど、部屋にこもって聞くラジオは誰にも邪魔されなかった。
むしろテレビより自由で面白くて、何より新曲の音源公開はいつもテレビよりラジオが先だったからクラスの皆より自分が最先端行ってる気がして優越感すらあった。(笑)
Keep the Faithの音源初だしの時、カセットに録音してCD発売まで何回も聞いては友達と歌詞起こしをしたりもした。あとヒナちゃんの大阪太郎(ガッツだぜ替え歌)もカセットに一生懸命録音したなぁ。(笑)

当時はまだradicoなんて便利なもんはなかったからラジカセを窓際に置いてアンテナを伸ばして砂嵐と砂嵐の間をチューニングしながら聞いた。
台風の日は砂嵐がすごかったし、チューニング次第でたまに関西のラジオや韓国?のラジオも聞こえた(笑)

そしてラジオを聴き始めてからかれこれ7〜8年…

ジャニーズだけじゃなくて芸人さんの下ネタ満載ラジオも、未知の音楽と出会わせてくれるラジオも、ハガキ職人大喜利もリスナーのお悩み相談も気づいたら全部全部大好きになっていた!

なかでもラジオの1番好きなところは、パーソナリティーとやりとりが出来るところ!
テレビと違ってラジオでは自分が書いたお便りが読まれたり、電話で話したりできる!言葉のキャッチボールが出来る!
(もちろんお便りは採用されないことの方が多かったりするけど)
自分の担当に、自分の好きな人に、自分の気持ちを伝えたり悩み相談をして、それに相手が答えてくれる。こんな嬉しいことは他にあるだろうか!?
こんなこと言ってるとファンサ厨みたいだけど、私は自分のお便りが採用されなくても全然いい!むしろファンの人と自担の絡みを聞いてるだけで楽しい!
お互いの顔が見えない状態でのやりとりだからかえって気持ちをさらけ出せて心の距離感がとても近いやりとりになったりする。
そんなことが出来るラジオが私は大好き!

〈本当の声に応えてくれた〉

先日たまたま自担のラジオに投稿したメールが読まれた。
「就活を目前に控え、成功するかわからないけど夢を追いかけるか、現実的に就活するか悩んでいる」という内容の人生相談だった。
自担は力強く「絶対やりたいことはやるべき!」と断言してくれた。その他にも「目標をしっかり設定しよう」「挑戦したら絶対何かを得る」などアドバイスをくれた。

中学生の頃からずっと応援している人が、私を「頑張れ!」と応援してくれた。
それがとても嬉しくてたまらなかった!
これより励みになる応援はないと思った!

でも本当に嬉しかったのは、家族や友達にも言えなかった自分の本心を聞いてもらえたことかもしれない。自分のことを知らない相手(自担)だからこそ打ち明けられたのだと思う。

きっとパーソナリティーもテレビじゃ言えない本心をラジオでは言えたりすることって結構あると思う。
だから私はラジオを聞くのが好き。とっても。

先週、テレビでじゅんのがジャニーズを辞めるって発表したのをリアルタイムで見ていた。
言葉は聞き取れたけど何を言ってるのか理解できなかった。正直今でも理解できてない。

今日のラジオ「KAT-TUNのがつーん」でじゅんのがジャニーズ事務所退所について話してくれるらしい。
どこまで詳細に話してくれるかわからないけど、きっとテレビでは言えなかった本心を打ち明けてくれたらいいな…。

中学の時一緒にラジオを聞いてた田口担の友達は卒業後いつの間にかほとんど連絡も取らなくなってしまったけど、今も田口担なのかわからないけど、きっと彼女も今日のラジオは聞くと思う。

私も彼の本心を、本当の声を聞きたいから今日もラジオを聞こうと思う。


「人生は挑戦やから」11/28 bayじゃないか

今日はチーム角刈ん(重岡・神山・濱田)
受けて立つのコーナー
「大学3年生です。脚本家になりたいという夢がありますが、夢を追いかけるか現実的に就活をするか悩んでます。皆さんはJr.時代将来について葛藤したことはありますか?」

「絶対やった方がいい!」
「やりたいと思った時にやった方がいい!」

3人が口を揃えて力強く「絶対やった方がいい」と言い切ったのを聞いて、〈あぁやっぱりこの人たちは夢を掴む力がある人たちなんだ〉と感じた。きっとデビューという夢に心が折れそうになった時もある、というか濱ちゃんと神ちゃんは特に挫折というものを味わったことのある人だと思う。なかなかデビュー出来ず将来について葛藤したこともあると思う。現にずっと一緒踊ってきた仲間の中には目標を持ち続けられずにステージから去ったり違う道に進んでいく奴もたくさんいた。それでも「やりたいことをやるか・諦めて就活するか」という悩みに対して絶対やった方がいいと断言できるのは本当に「やりたいことをやってきて良かった」という実感があるからなんだよね。

「絶対大きい目標をもってやった方がいい」
ジャニーズWESTっていつもこういう風に常に目標もって前に走って行ってる。しかも一つ一つの目標を着実に達成してる。
だからファンも一緒に走りたいと思えるしゴールし続ける彼らを応援したい見届けたいと思えるんだろうなぁと。私もそういうファンの一人だし私は私で自分のゴールに向かって走りたいと彼らをみて思うことがたくさんある。

「自分の勝負なんだから、責任をもって」
「絶対やった方がいい」と断言しておきながら最後に「俺らはあなたが夢を追いかけることに責任は背負えない。自分の勝負なんだから、自分で責任をもって」と締めくくった。
これは単にリスナーの人生を左右してしまう事に責任を負いたくないから言ったのではなくて、実際に自分たちがそうやって自分の勝負を一つ一つ自分で背負いながらやってきたからなんだと思う。
私たちファンはよく「応援してます!頑張って下さい」て言う。でも実際ファンはそうやって応援してくれるけど本当に夢を実現させるのは自分自身で、もし夢が叶わなかったとしてもその責任は全部自分自身にしかない。
そうやって勝負してきた上で「やりたいことをやった方が絶対良い。」という実感があるし、「挑戦すべきだけど全て自分で背負わなくきゃダメ」と言い切るのだと思う。

今日の受けて立つのコーナーはそうして勝負してきたジャニーズWESTの3人だから答えることが出来た回なのではないかと思った。

”ジャニーズ初”に俺はなる!

「櫻井くんのようなニュースキャスターになりたい」
慶應卒でジャニーズのニュースキャスターの先駆け櫻井くん、every.な慶ちゃんは明大卒、青学卒のシゲアキ先生はジャニーズ初の小説家、Sexy zoneのふまけんだって現役のSexy大学生…(しかも風磨くん慶應ボーイ)
高学歴ジャニーズを言い出したらきりがない。

男たちはインテリジャニーズを目指し、夢を追い続ける。
世はまさに大卒・高学歴時代!!

そんな高学歴も珍しくない今日この頃だが、それでもド肝を抜いたのがSnowMan阿部ちゃんだった。
聞けば上智大の理工学部在学で成績も優秀、しかも現役大学生でありながら気象予報士の資格を取ったそうで。
あの舞台や収録、雑誌取材などの過密スケジュールをこなしながらどうやって勉強したんだ!?才能とは恐ろしい、、、(震え)

きっと阿部ちゃんはジャニーズじゃなくてもかなり良い企業に就職したりエリート公務員にでもなってエリート街道真っしぐらなんだろうな…
でもそういうエリートコースではなくジャニーズとしての道を選んでるんだからよっぽどこのジャニーズという仕事に情熱を持ってるんだね。


よく「お母さん(お姉ちゃん)が勝手に履歴書送ってて」と思いもよらずジャニーズに迷い込んで来てはJr.になる子がいる。

ジャニーズ事務所に入れたってデビューの基準は明確ではないし、何年下積みしたっていくら人気が出たって本当にデビュー出来るかなんて保証はない。

そんな博打みたいな世界で踊りながら、最初は迷い込んで来た少年たちがいつの間にか「絶対デビューしてやる」「スターになるんだ」という野望を抱いて何年も下積みをしたり、たとえ有名大学を出ても安泰な就職の道を自ら断ったりするんだから、ジャニーズ事務所ってもはや罪深い。
彼らを、そして我々ジャニヲタをこんなにもステージへと駆り立てるジャニーズ事務所、恐ろしい。

インテリジャニーズ王・櫻井くんはかつてZEROキャスターとしての苦悩について聞かれこう答えた。
「局を背負って取材しなくてはいけないプレッシャーや時には相手の痛いところを突かなくてはいけない辛さがある。でもやりがいの方が大きい」
ステージ以外でのやりがいを見つけ成功してみせた先輩に後輩たちはどう続くのか!?

お芝居、楽器、農業、バラエティー、ニュースキャスター、お天気お兄さん…
「探せ!活躍の場はまだまだ隠されていた!」
男たちは輝けるステージを目指し、夢を追い続ける。
世はまさにステージ大開拓時代!!

個人的にはR-1出場お笑いジャニーズの出現に期待しております。