読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚の食べ方がキレイ

来世はムービングステージになってジャニーズを支えたい

邦ロックから戻ってきたeighter

邦ロックを経て「関ジャニ∞の元気が出るCD‼︎」に戻ってきた元エイターの話

ここでは自分のことを「元エイター」と名乗ろうと思う。エイトのことが嫌いになった訳ではない。今は自分のことを「紫濃いめ虹色ジャス民」だと自覚しているし、You&Jが解体して以来関ジャニ∞のファンクラブには加入していないから茶の間エイターってとこかな。

中学生のころはCDグッズ全部買い揃えて文房具に「大倉嬢」「最高で最強」とか書いちゃう盲目な熱狂エイターだった。
すばるBANDのONE強情にGOとかをバイブルにしていて、「努力は裏切らない」って関ジャニ∞の歌を聞きながら信じていた。

人生最大の挫折。関ジャニ∞を聴くのが辛かった頃
ロックバンドに走ったキッカケは大学受験の失敗。それまで「努力は絶対に裏切らない」と信じながら全てをかけて受験勉強に励んだ。他の誰よりも頑張っている自負もあった。しかし結果は惨敗。何も報われなかった。
「努力が裏切った」
ずっとエイトの歌を聴きながら信じていた「努力は絶対裏切らない」が私の中で完全に崩れ去って何も頑張れなくなった。
そんな時に心安らいだのがクリープハイプKANA-BOONキュウソネコカミなどいわゆるロキノン系バンドの曲だった。
大学入ってからはライブハウスやフェスに通っては自分の中のやりきれない負の感情をぶつけた。
バンドは自分達が作詞作曲した曲でストレートにぶつけてくれるから説得力もあって、普段抱えてるやりきれない気持ちを代弁してくれる。
フェスもジャニーズのコンサートと違って席なんてないから好きなタイミングで好きな場所で、なんならドリンク片手に聴ける自由さも好きだった。

しばらくして大学受験で味わった挫折から立ち直れてきた頃にジャニーズWESTがデビューした。昔エイターだった頃バックで踊ってたB.A.Dや濱ちゃん達のデビューはとても嬉しくてそこからまた応援し始めた。
ジャニーズWESTを応援しているなかでまた関ジャニ∞も聞き始めた。最初は昔の曲を聞いて「うわぁこの曲懐かしい〜」と懐古するだけだったが「ごめんね青春」キッカケで主題歌の言ったじゃないか がとても気に入り、それ以来エイトも再びコンスタントに聞くようになった。

最高傑作 元気が出るCD‼︎
今回この「元気が出るCD‼︎」にOKAMOTO'S、KANA-BOONサンボマスターが楽曲提供したと聞いて驚きと嬉しさで興奮した。3組とも大学入ってからずっと聞いてる大好きなバンドだったし、まさかOKAMOTO'Sが作る曲をエイトが演奏する日が来るとは…
Mステで初めて勝手に仕上がれを聞いたとき度肝を抜いた。まず丸ちゃんのベースの上手さに驚いた。ベースソロのこの感じハマ君だ〜♪とか嬉しくもなった。
CDを聞いて1番びっくりしたのは一曲目にHigh Spiritインスト曲、からの勝手に仕上がれだったこと。一曲目にインスト曲持ってくるってもう完全にバンドじゃん!流れ最高過ぎるし演奏めちゃくちゃ上手くなってるしカッコ良すぎ!これ普通に他のバンドに混じってフェス出ていいやつ!実際に時雨、キュウソ、林檎ちゃん等に混じってドリフェスに出たのは本当に頷ける。テレ朝Good Job。

ナントカナルサふりむくわけにはいかないぜもサビ前に \ヨッ/ って合いの手いれる感じが鮪(KANA-BOONのVo.)だし、\ふりむくわけには行かないぜ/ って何度もくり返す感じもサンボがピースしながら叫んでるの容易に想像できる。それぞれカナブンやサンボの魂を感じつつ関ジャニ∞らしさも感じられて、勝手に仕上がれも含めなんだかそれぞれOKAMOTO'S(KANA-BOONサンボマスター)と関ジャニ∞の間に生まれた子供をみてるようでなんとも言えない嬉しさで…そうか、これが孫を愛でるおばあちゃんの気持ちか。

シングル曲はもちろんWASABIナイナイアイラブユースペアキーもジャニーズとしての関ジャニ∞らしさがあって好き!WASABIの振り付け見てみたいな〜!

そしてメンバー作詞作曲の元気が出るソング
fuka-fuka love the earth思い出した。自分達で曲を作るなんて本当にバンドだね。
よくロキノン厨とかバンドファンには「所詮ジャニーズ」とか言われがちだけど、関ジャニ∞は本当にバンド上手くなったしその辺のバンドに負けてないよ!全然恥ずかしくない!

私は今年就活組。正直全然自信ないし戦うのが怖い、頑張るのが怖いけど、この元気が出るCDを聞いて前向きに頑張ろうかなって思えてる!
前に進む元気をくれたのはやっぱりエイトだった。

今日およそ5年振りのコンサート。なんとも言えないエモさを抱えながら開演まであと30分待ちます。