読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚の食べ方がキレイ

来世はムービングステージになってジャニーズを支えたい

本当の声を聞きたいから今日もラジオを聞く

〈夜のラジオは私の青春〉

私がラジオを聴き始めたのは中学生になってすぐの頃。

最初はFM局しか知らなくて、まっすーの「MASTER HITS」とか最新J-POPを流す音楽番組とか聞いていた。
中1だった私は、なんとなくラジオって昭和なイメージがあってクラスの子とかにはラジオ聞いてることを隠してたんだけど(笑)、ある日私の数少ない友達の一人でKAT-TUN田口担の子にまっすーのラジオを聞いてると打ち明けた。

すると彼女はAM局の聞き方と「レコメン」というジャニヲタ必聴番組、中でも「R-one KAT-TUN」と「KちゃんNEWS」は毎週欠かさずに聞いてると教えてくれた。


テレビは居間に1台しかない。弟にチャンネルを取られたりお母さんに「早く寝なさい」と強制終了させられたりするけど、部屋にこもって聞くラジオは誰にも邪魔されなかった。
むしろテレビより自由で面白くて、何より新曲の音源公開はいつもテレビよりラジオが先だったからクラスの皆より自分が最先端行ってる気がして優越感すらあった。(笑)
Keep the Faithの音源初だしの時、カセットに録音してCD発売まで何回も聞いては友達と歌詞起こしをしたりもした。あとヒナちゃんの大阪太郎(ガッツだぜ替え歌)もカセットに一生懸命録音したなぁ。(笑)

当時はまだradicoなんて便利なもんはなかったからラジカセを窓際に置いてアンテナを伸ばして砂嵐と砂嵐の間をチューニングしながら聞いた。
台風の日は砂嵐がすごかったし、チューニング次第でたまに関西のラジオや韓国?のラジオも聞こえた(笑)

そしてラジオを聴き始めてからかれこれ7〜8年…

ジャニーズだけじゃなくて芸人さんの下ネタ満載ラジオも、未知の音楽と出会わせてくれるラジオも、ハガキ職人大喜利もリスナーのお悩み相談も気づいたら全部全部大好きになっていた!

なかでもラジオの1番好きなところは、パーソナリティーとやりとりが出来るところ!
テレビと違ってラジオでは自分が書いたお便りが読まれたり、電話で話したりできる!言葉のキャッチボールが出来る!
(もちろんお便りは採用されないことの方が多かったりするけど)
自分の担当に、自分の好きな人に、自分の気持ちを伝えたり悩み相談をして、それに相手が答えてくれる。こんな嬉しいことは他にあるだろうか!?
こんなこと言ってるとファンサ厨みたいだけど、私は自分のお便りが採用されなくても全然いい!むしろファンの人と自担の絡みを聞いてるだけで楽しい!
お互いの顔が見えない状態でのやりとりだからかえって気持ちをさらけ出せて心の距離感がとても近いやりとりになったりする。
そんなことが出来るラジオが私は大好き!

〈本当の声に応えてくれた〉

先日たまたま自担のラジオに投稿したメールが読まれた。
「就活を目前に控え、成功するかわからないけど夢を追いかけるか、現実的に就活するか悩んでいる」という内容の人生相談だった。
自担は力強く「絶対やりたいことはやるべき!」と断言してくれた。その他にも「目標をしっかり設定しよう」「挑戦したら絶対何かを得る」などアドバイスをくれた。

中学生の頃からずっと応援している人が、私を「頑張れ!」と応援してくれた。
それがとても嬉しくてたまらなかった!
これより励みになる応援はないと思った!

でも本当に嬉しかったのは、家族や友達にも言えなかった自分の本心を聞いてもらえたことかもしれない。自分のことを知らない相手(自担)だからこそ打ち明けられたのだと思う。

きっとパーソナリティーもテレビじゃ言えない本心をラジオでは言えたりすることって結構あると思う。
だから私はラジオを聞くのが好き。とっても。

先週、テレビでじゅんのがジャニーズを辞めるって発表したのをリアルタイムで見ていた。
言葉は聞き取れたけど何を言ってるのか理解できなかった。正直今でも理解できてない。

今日のラジオ「KAT-TUNのがつーん」でじゅんのがジャニーズ事務所退所について話してくれるらしい。
どこまで詳細に話してくれるかわからないけど、きっとテレビでは言えなかった本心を打ち明けてくれたらいいな…。

中学の時一緒にラジオを聞いてた田口担の友達は卒業後いつの間にかほとんど連絡も取らなくなってしまったけど、今も田口担なのかわからないけど、きっと彼女も今日のラジオは聞くと思う。

私も彼の本心を、本当の声を聞きたいから今日もラジオを聞こうと思う。